拡大する仮想化インフラ

拡大する仮想化インフラ

拡大する仮想化インフラ

サーバー仮想化、クラウド化、そしてデータセンターの仮想化へ

仮想化ソフトウェアによって、物理サーバーの統合と利用効率の向上が進み、運用自動化の導入とともに、ハードウェア/ソフトウェアの運用効率が図られた。さらにハードウェアの機能向上と分散環境の進化に伴い、クラウドコンピューティングの導入も推進されている。

Citrixのクラウドコンピューティングソリューション

拡大する仮想化インフラ

かつて“サーバーサイド・コンピューティング”という新コンセプトを打ち出したCitrixは、今や総合的なクラウドプラットフォームベンダーとなっている。同社の独自性は、テクノロジーよりもユーザー寄り/人間寄りの視点で考える事業戦略であり、最近では「モバイルワークスタイルの実現」をテーマとして掲げる。同社の目標は個人が地理的/時間的制約を受けずに、いつでもどこでも自由に働ける環境をITによって構築するということであり、クラウドインフラでさえも、そのためのツールにすぎない。

Ciscoのネットワーク仮想化への取り組み

拡大する仮想化インフラ

UCS(Unified Computing System)というサーバー製品をラインアップし、データセンター丸ごとをカバーするに至ったCiscoだが、急速なネットワーク仮想化に対する関心の高まりを受け、現時点ではネットワーク分野での取り組みが注目されている。もちろん、UCSを核としたデータセンターの仮想化に対する取り組みが後退したわけではない。ここでは同社のユニファイドデータセンター構想のなかでも高い関心を集める、ネットワーク仮想化に関する取り組みについて紹介する。

VMwareのデータセンター 仮想化ソリューション

拡大する仮想化インフラ

IAサーバーの仮想化ソフトウェアによってその地歩を固めたVMwareだが、その後サーバーを起点として関連するITリソース全般に対象を拡大していき、現在は”Software-DefinedDatacenter(SDDC)の実現”をメッセージとして掲げるまでになっている。とはいえ、基本となるサーバー仮想化のためのハイパーバイザーの進化もまだ止まってはおらず、スタック全体にわたって広域な製品アップデートが続けられている。

資料請求・見積依頼

下記リストの13事業者の資料・見積をまとめてとれます!

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
オージス総研
(大阪ガスグループ)
キューデンインフォコム
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
北電情報システムサービス
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
(ビットアイル・エクイニクスと合併)
エムアンドシーシステム
(丸井グループM&Cシステム)
さくらインターネット
シーイーシー
鈴与シンワート
データドック

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

最新刊 雑誌『データセンター完全ガイド』

表紙『データセンター完全ガイド2017年冬号』

データセンター完全ガイド2017年冬号

【特集】デジタルビジネスを
駆動するデータセンター

発売:2016年12月21日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(136ページ)
ISBN:978-4-295-00062-4

『データセンター調査報告書』

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

iDC詳細検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額