本格始動するDCIMソリューション

データセンター全体のラック容量を見える化するラック管理システム

データセンターでのIT資産管理では、一般企業のサーバールームと異なり、IT機器の出入りの頻度が高いため、IT資産の管理項目が非常に多い。新たにIT機器が搬入される場合、単に空いているラックスペースに詰め込めばよいというわけにはいかない。必要な電力容量、発熱の予測、床やラックの耐荷重なども考慮しなければならないし、機器の導入後も、監視や一次障害対応、顧客別の特定のサポート業務もある。現在でも、こうしたIT資産の管理にExcelやVisioを使い、台帳を管理している業者も多いが、データ量の増加とともに、管理業務が属人化するなどの弊害も内包している。こうしたデータセンターにおける膨大な管理情報を一元的に管理するシステムとして開発されたのがUnitPORTER.Naviである。

データセンター用スマート制御システムSmartDASHの活用事例(2)〜見える化してわかったこと〜

NTTファシリティーズは、空調自動制御機能を強化したDCIM※1商材「SmartDASH※2」(図1)を提供し、その「見える化」+「空調最適制御機能」を積極的に活用することで、「空調消費電力の削減」と「室内温熱環境品質の改善」という、相反する課題の解決に取り組んでいる。

データセンターのファシリティとITインフラ両面の監視・管理をサポート

シュナイダーエレクトリックが展開する“StruxureWare”は、以前からデータセンター・ファシリティの管理という、ITベンダー各社が提供する運用管理ソフトウェアでは、カバーできない領域に対応していることでユニークな存在だったが、“StruxureWare Data Center”という名称からも窺えるとおり、同社のマネージメントシステムは、“EcoStruxure”というスマートシティやスマートグリッドを含めて管理するもので、IT分野のみではなく、産業分野や電力などの特定業界向けの機能もカバーする。DCIMに相当する“Struxure Ware Data Center”は、“EcoStruxure”のサブセットという位置付けになる。

インテルの提供する 省電力ソリューション

インテルでは、自社データセンターの構築/運用により培ったノウハウ、Open Compute Projectなどのユーザー企業との協業、業界団体への参加等から、データセンターにおけるさまざまな課題、ニーズの吸上げを行い、製品に取り込んできた。そのような取り組みにおいて、データセンターにおけるエネルギー消費効率の改善を推進するためのテクノロジーが求められてきた。そこで開発された技術が、インテル Node Managerおよびインテル Data Center Managerである。

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!12/20まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号

【特集】 特集データこそ最大の経営資産の今
[攻め]で臨むITインフラセキュリティ

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号』

発売:2017年9月29日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00245-1

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2017』

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共に
クラウドシフトがより鮮明に

発売:2017年10月2日
判型:A4判(372ページ)
プレスリリース
試し読み(サンプル版)

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額

インプレスグループ創設25周年