製品レビュー

製品レビュー

Webセキュリティサービス(セキュリティサービス)

京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)の「Webセキュリティサービス」は、アプリケーション固有の脆弱性診断はもちろん、診断報告書の作成や防御対策、コンサルティング、開発者向けの教育までをトータルで提供するサービスだ。「Webセキュリティサービス」では、「Web脆弱性診断サービス」「Web脆弱性防御サービス」「コンサルテーション/教育サービス」の3つのサービスがあり、またその中の「Web脆弱性診断サービス」では、さらに検査実施項目に応じて3段階のプランが用意されているため、導入コストに合わせた選択が可能だ。

長年培った仮想化技術でITを全体最適化〈IBM Virtualization Engine〉

IBMが考える仮想化の位置づけは、複雑化するITを最適化する技術としてである。ばらばらに散らばったサーバーやストレージを統合することでITはよりシンプルになり、ビジネスの変化にも柔軟に対応できるようになる。単なるサーバーやストレージの仮想化という「機能」ではなく、ビジネス面からの視点でのシステム全体の総合的な仮想化のソリューションを見てみよう。

仮想化技術による先進「リソース貸し」サービス〈SAVVISユーティリティ・コンピューティング

すでに多くの事業者が仮想化技術を利用してサービスを展開している。その中でもサヴィス・コミュニケーションズ(以下「サヴィス」)は、必要なときに必要な分だけコンピュータリソースを提供する「ユーティリティーコンピューティング」のサービスを実現している。

NT 4システムの統合に最適R2の登場でさらに進化〈Virtual Server 2005〉

2003年2月にConnectixを買収したマイクロソフトは、Windows Server 2003上で仮想サーバー環境を構築する「Virtual Server 2005」を2004年にリリースした。マイクロソフト自身が提供する仮想化製品は、他のベンダーのものと比較してどのようなアドバンテージを持っているのだろうか。

OSレベルで仮想OS技術を実現〈Solaris 10「Solarisコンテナ」〉

サン・マイクロシステムズのSolarisは、ミッションクリティカルな環境でも利用できる高性能なOSである。その最新版であるSolaris 10には、「Solarisコンテナ」と呼ばれる仮想OS機能が実装されている。

ホスティングサービスに最適な仮想OSツール〈Virtuozzo〉

「Virtuozzo」はLinuxベースの仮想OSプラットフォームである。同じくSWsoftが提供しているサーバー管理インターフェイスである「PLESK」との組み合わせで、特にVPS(仮想専用サーバー)をサービスとして提供するレンタルサーバー事業者に支持されている製品である。

仮想マシンによる想化技術の老舗〈VMware ESX Server/GSX Server〉

「VMware」といえば、それまでメインフレームでしか実現していなかった仮想技術をIAの世界で実現した舗のソフトウェアである。発表当初は仮想PCというイメージの強い製品であったが、現在ではサーバーの仮想化を現する製品として、IBMやHPなど多くのハードウェアベンダーとパートナー契約を結んでいる。 最新トピックス

Isilon IQ 3000i/3000(ストレージシステム)

 「Isilon IQ 3000/3000i」(以下「Isilon」)は、SANの高パフォーマンスと環境構築の柔軟さ、NASのファイル共有と管理の容易さといった長所を兼ね備えた「インテリジェントクラスターストレージ」という新たなコンセプトで開発されたストレージシステムだ。

PureFlow SS10(帯域制御装置)

 「PureFlow SS10」は、アンリツの持つトラフィック変異を捉える計測技術から誕生した、バーストトラフィックを解消するための帯域制御装置だ。

Express5800/i110Ra-1h(サーバー)

IAサーバーの需要が伸びていくなか、フロントサーバー用途では低消費電力や高集積度が求められ、バックエンドのアプリケーションサーバーやデータベースサーバー用途では性能や信頼性の高さが求められる。NECも高機能な2CPUモデルから低消費電力モデルまでのさまざまなサーバーをリリースしているが、そのなかでも「1Uハーフサーバー」という新たなコンセプトで登場したのがこの「Express 5800/i110Ra-1h」である。
10月13日開催!SIerのためのITインフラビジネス戦略会議2017

資料請求・見積依頼

下記リストの13事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!9月末まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
鈴与シンワート
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号

【特集】 IT基盤からビジネス価値創出基盤へ
「目的指向」クラウド/DCサービスの時代

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号』

発売:2017年6月30日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(136ページ)
ISBN:978-4-295-00155-3

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額