トピックス

記事一覧

データセンター/クラウドサービス選定の決め手 [Part3] Technology Focus 01 機能拡張を続ける「Microsoft Azure」の実力を探る

IaaS の分野では、先行したAWS(Amazon Web Services)が1強と呼ばれ続けてきた。このIaaS王者を文字どおり猛追しているのがマイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」である。本稿では、マイクロソフトのクラウド戦略を俯瞰した後、現時点での Azureに備わる主な特徴・機能を見ていく。

データセンター/クラウドサービス選定の決め手 [Part4] Technology Focus 02 クラウドに魅力的な付加価値を――インテグレーターとDC事業者の取り組み

クラウドファースト時代に入り、ユーザー企業のクラウド活用が加速している。しかしながら、従来のオンプレミスとは構築・運用・セキュリティ施策などの観点が異なるため、クラウドの恩恵を十分に得られないといったところもあるだろう。本稿では、そうした企業を支援する“クラウド付加価値サービス”を提供するインテグレーターやデータセンター事業者の動向を確認する。

【データセンターコンファレンス2015 Winter】基調講演レポート:データセントリックコンピューティングを導くOpenPOWER Foundationのビジョンと実践

サービス基盤を自社開発するグーグルが、2014年にIBM製CPU「POWER8」を採用したデータセンター向けサーバー用マザーボードを発表。インテルからIBMへの移行が大きな話題となった。背景にはOpenPOWER Foundationへの取り組みがある。「データセンターコンファレンス2015Winter」(主催:インプレス データセンター完全ガイド編集部)の基調講演に日本IBM 理事ハイエンド・システム事業部長の朝海孝氏が登壇。データセントリックをキーワードにビジョンと実践を解説した。

【データセンターコンファレンス2015 Winter】ジェイピー・セキュア:セキュアなWebサイトの実現に必須 自社に最適なWAFを導入するには?

WebアプリケーションやCMSの脆弱性を狙った攻撃は止まず、多くの企業でWebサイトのセキュリティ強化が急務となっているが、その有効策となるのが「Web Application Firewa(ll WAF)」である。ソフトウェア型WAF製品「SiteGuardシリーズ」を展開するジェイピー・セキュアのCTO 齊藤和男氏が、近年のセキュリティ攻撃の傾向とWAFの有効性を説明した。

【データセンター完全ガイドLIVE 2015 Tokyo】オージス総研:「所有と利用」をいかに使い分ける? AWS+データセンターの活用術

企業ITにおけるクラウド活用の浸透により、「所有から利用へ」の流れが確実に進行している。だが、最適なIT 環境を実現するには両者の使い分けが不可欠だ。オージス総研 プラットフォームサービス本部の堀 陽一氏が、「アマゾン ウェブ サービス」(以下、AWS)とオンプレミスのデータセンターのハイブリッド構成によるメリットを事例を交えて紹介した。

SDN Conference 2014 Tokyo――技術の進展と見えてきた課題 「SDNの現在位置」を確認する

2014年2月18日、SDN(Software-Defined Networking)の最前線を伝えるイベントとして「SDN Conference 2014 Tokyo」が東京ミッドタウンで開催された(主催:ナノオプト・メディア)。今、データセンター事業者はどのようなSDNソリューションを求めていて、ユーザー企業にはどのようなメリットがもたらされるのか。いくつかのセッションの内容を紹介しよう。

新CPU「Xeon E7 v2」のインパクトとインテルのデータセンター最新戦略

インテルは2014年2月19日、データセンター/大規模サーバー向けx86プロセッサの新版「インテル Xeon プロセッサー E7 v2」を正式発表した。本稿では、同CPUがユーザーにもたらすインパクトと、インテルが描く、これからのデータセンターに向けた最新戦略に迫る。

富士通エフ・アイ・ピー 横浜データセンター ―― グリーン&セキュリティ技術を結集した東京郊外型データセンター

富士通エフ・アイ・ピー(以下、富士通FIP)は、もともとは計算センターとして、1963年にビジネスを開始した。富士通メインフレームのアウトソーシングを中心に、1989年に川崎にデータセンターを建てたのがデータセンター事業の始まりという。その後、メインフレームからサーバーへのダウンサイジングが進み、メインフレームとは異なる設計が求められるサーバー専用のデータセンターの建設に着手。最新鋭の技術・手法の下、2010年12月、横浜データセンターがオープンした。

高効率・低コスト・低環境負荷――OCPJが描く「ユーザーによる、ユーザーのためのデータセンター」

座長 藤田龍太郎氏(左)、副座長 鵜澤幹夫氏(右)

オープンコンピュートプロジェクトジャパン
座長 藤田龍太郎氏(左)
副座長 鵜澤幹夫氏(右)

Solutions Forum 2013 DCIM Day

シュナイダーエレクトリックは、2013年7月18日に大手町サンケイプラザでSolutions Forum 2013 DCIM Dayを開催した。多くのセッションが行われたなかから、来日して登壇したVP Enterprise Management and Softwareのソーレン・ブロガード・イェンセン氏のゼネラルセッションでは「DCIMが企業にもたらす"力"と可能性」と題した講演を行った。ここでは、その概要を紹介する。

10月13日開催!SIerのためのITインフラビジネス戦略会議2017

資料請求・見積依頼

下記リストの13事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!9月末まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
鈴与シンワート
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号

【特集】 IT基盤からビジネス価値創出基盤へ
「目的指向」クラウド/DCサービスの時代

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号』

発売:2017年6月30日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(136ページ)
ISBN:978-4-295-00155-3

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額