NTTデータ、東京都三鷹市に新たなデータセンターを建設

NTTデータは8月25日、東京都三鷹市に「三鷹第二データセンター(仮称)」の建設を開始すると発表した。今回建設する「三鷹第二データセンター」は、延床面積約38,000平米、最大約5,600ラックの収容が可能となる。また、免震構造や非常用発電機による72時間連続運転などBCPへの対応力を強化するとともに、電力高負荷対応や高いセキュリティーレベルの採用、自然エネルギーの利用など、最新鋭の設備を有するデータセンターとなる。なお、竣工は2018年2月の予定。

今回のデータセンターの建設地である東京都三鷹市は、都心部からのアクセスの良さに加え、水害、地震等の災害リスクが極めて少ない地域に位置している。

大地震(震度6強~7)に耐えうる免震構造、非常用発電機による72時間連続運転によりディザスタリカバリ(災害時の復旧)・BCP(事業継続計画)への対応力を強化。外部環境からの影響を受けにくい通信回線専用の地下トンネル(とう道)を利用し、地震をはじめとする災害から通信ケーブルを守る。

日本データセンター協会(JDCC)が策定した、データセンターの品質を評価する規格によって定められているデータセンターファシリティスタンダードでは、J-Tier3以上となっており、J-Tier4へ拡張可能となっている。

サーバー室と冷却室を2層構造とした冷却システムを採用し冷却効率を向上させるとともに床耐荷重を平米あたり1.5tにすることによりサーバーの高集積(1ラック当り最大20kVA)を実現する。

24時間365日の警備員による有人監視、ICカードおよび生体認証による入退室管理を行う。また、ゾーン単位でセキュリティーレベルを強化できるため、ユーザーのセキュリティー要件にも柔軟に対応できる。(FISCに準拠、ISO27001認証予定)

自然エネルギー(春・秋・冬季の外気)を活用した外気冷却方式を採用し、サーバー類を冷却するための空調設備の稼働時間を短縮するとともに、壁吹き出し空調方式を採用し、全国でもトップクラスの電力使用効率(PUE)1.3以下(年間平均)を実現する。サーバー室以外の共用廊下などにおいても自然換気、サーバー排熱利用、昼光利用によりゼロエネルギー化を目指す。


12月5日開催!クラウド&データセンターコンファレンス 2017-18

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!12/20まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号

【特集】 特集データこそ最大の経営資産の今
[攻め]で臨むITインフラセキュリティ

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号』

発売:2017年9月29日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00245-1

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2017』

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共に
クラウドシフトがより鮮明に

発売:2017年10月2日
判型:A4判(372ページ)
プレスリリース
試し読み(サンプル版)

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額

インプレスグループ創設25周年