日本オラクル、クラウド型セルフサービスBIに音声認識機能を追加

データセンター完全ガイド編集部

 日本オラクルは2017年1月6日、同社がクラウドサービスとして提供しているセルフサービスBIツール「Oracle Data Visualization Cloud Service」に、iOS/Androis端末の音声アシスタントを利用する機能「BI Ask」が加わると発表した。この機能の提供開始は2017年3月頃の予定。

 Oracle Data Visualization Cloud Serviceは、統計の専門知識が無いユーザーでも、簡単な操作で複数の種類のデータを組み合わせて分析する機能を提供する。分析結果は、グラフなどの見やすい形で確認できる。PCのWebブラウザから利用するだけでなく、スマートフォンやタブレットからもWebブラウザでアクセスすることで利用できる。

 さらに、BI Askが利用可能になる時期とほぼ同時期に、iOS/Android向けの専用クライアントアプリケーションの提供も始まる予定。BI Askの機能は、Webブラウザからアクセスしても、専用アプリからアクセスしても変わらず利用できる。

図:Oracle Data Visualization Cloud ServiceはPCだけでなく、スマートフォンやタブレットでも利用できる(出典:日本オラクル)

 BI Askを利用することで、ユーザーはiOS/Android端末に話しかけるだけで、データを集計したり、さまざまな角度からデータを分析し、その結果を様々な形のグラフで確認できるようになる。例えば、「売上、神奈川、飲料」と話しかけることで、神奈川県の飲料に関する売上データを様々な形のグラフで表示する。

 また、リレーショナルデータベース管理システムの機能をクラウドで提供する「Oracle Database Cloud Service」の機械学習機能と組み合わせることで、高度な分析データを話しかけるだけで確認できるようになる。例えば、工場の製造装置にセンサーを取り付け、その値の変動をOracle Database Cloud Serviceに蓄積、分析し、製造装置の故障発生傾向のパターンを算出しておくと、BI Askで話しかけるだけで、そのパターンに関する情報をグラフの形で提示する。

 Oracle Data Visualization Cloud Serviceの利用料金は、1ユーザー当たり月額9000円(税別)。5ユーザーからの提供となる。


■関連リンク
ニュースリリース

資料請求・見積依頼

下記リストの13事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!3月末まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
オージス総研
(大阪ガスグループ)
キューデンインフォコム
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
北電情報システムサービス
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
(ビットアイル・エクイニクスと合併)
エムアンドシーシステム
(丸井グループM&Cシステム)
さくらインターネット
シーイーシー
鈴与シンワート
データドック

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

最新刊 雑誌『データセンター完全ガイド』

表紙『データセンター完全ガイド2017年冬号』

データセンター完全ガイド2017年冬号

【特集】デジタルビジネスを
駆動するデータセンター

発売:2016年12月21日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(136ページ)
ISBN:978-4-295-00062-4

『データセンター調査報告書』

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

iDC詳細検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額