情報技術開発、Watsonを利用して社内手続きの手順を自動回答するシステムを構築し提供開始

データセンター完全ガイド編集部

 情報技術開発は2017年3月7日、企業内の業務手続きの手順を自動回答するシステム「手続きNavi」を開発し、提供を始めた。IBMのクラウドサービス「IBM Bluemix」上に構築したもので、WatsonがIBM Bluemix向けに提供している「Watson API」を利用して、人間が使用する自然言語を解釈する能力を持たせた。

図:Watsonの能力を利用して、社内手続きに関する問い合わせに答える(出典:情報技術開発)

 企業内の社内手続きというと、簡単なものと考える方も多いかもしれないが、普段は関係しない部署に何かを依頼するときや、複数の部署が関係する手続きなどは分かりにくく、いくつもの書類を準備する必要があるということが多い。情報技術開発によると、従業員1000名の企業で、全社員が1カ月に社内手続きに関する問い合わせに20分を費やし、時給2500円の担当者が対応すると、1年間で4000時間、金額にして1000万円を費やしていることになる。

 手続きNaviは、社員が日常で使用している話し言葉、書き言葉で問い合わせたい内容を入力することで、正確な回答を返す。通常、このようなシステムはプログラムに学習によって知識を蓄積する作業が必要だ。プログラムは得た知識の相関関係を見付けて仮説を立てて検証し、その結果によってさらに学習する。

 手続きNaviは、今回のサービス提供開始前に情報技術開発の社内で使用し、一般的な業務手続きに関する知識を蓄積して、ある程度学習を済ませている。導入時の学習作業は短時間で済む。使用開始前の学習は1カ月程度で終わることがほとんどだという。初期設定のためにテンプレートも用意しているので、技術的な知識を持たずとも、かんたんに使い始めることができる。

 提供形態は「スタンダードプラン」と「ポータルプラン」の2種類。スタンダードプランでは、従業員のPCにデスクトップアプリケーションをインストールする。このアプリケーションを起動するとテキストを入力する窓が現れ、ここに問い合わせを入力すると、テキストで回答を得られる。

 ポータルプランでは社内ポータルなど、Webサイトに問い合わせ入力用の窓を作る。Webブラウザからこの窓に問い合わせを入力することで、テキストで回答を得られる。

 スタンダードプランの場合、初期費用となる初期設定費が10万円(税別:以下同様)で、月額の利用料金は10万円から。ポータルプランでは、初期設定費が100万円で、月額の利用料金は10万円から。


■関連リンク
ニュースリリース

資料請求・見積依頼

下記リストの13事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!3月末まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
オージス総研
(大阪ガスグループ)
キューデンインフォコム
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
北電情報システムサービス
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
(ビットアイル・エクイニクスと合併)
エムアンドシーシステム
(丸井グループM&Cシステム)
さくらインターネット
シーイーシー
鈴与シンワート
データドック

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

最新刊 雑誌『データセンター完全ガイド』

表紙『データセンター完全ガイド2017年冬号』

データセンター完全ガイド2017年冬号

【特集】デジタルビジネスを
駆動するデータセンター

発売:2016年12月21日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(136ページ)
ISBN:978-4-295-00062-4

『データセンター調査報告書』

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

iDC詳細検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額