NTTコミュニケーションズ、AIX環境をクラウドで提供開始

データセンター完全ガイド編集部

 NTTコミュニケーションズは2017年3月9日、企業向けクラウドサービス「Power Systems」を拡充し、AIX環境をクラウドサービスとして提供すると発表し、提供を始めた。Power Systemsでは従来「IBM i」OSの環境を提供し、AS/400などで動作する企業システムのクラウド移行の受け皿となっていた。AIX環境も提供することで、IBMハードウェアで稼働するシステムのクラウド移行を促進させる。

 Power SystemsはNTTコミュニケーションの企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」の共有型サーバーや専有サーバーと低遅延のネットワークでつながっている。Power Systemsを利用して企業システムをクラウドに移行することで、クラウドにすでに移行しているシステムと合わせた柔軟なハイブリッド環境を構築できるとしている。

図:Power Systemsとほかのクラウドシステムを柔軟に組み合わせて利用できる(出典:NTTコミュニケーションズ)

 AIX環境の提供開始に合わせて、IBMのソフトウェアを利用する際に必要な「ライセンス監査レポート」の作成を代行するサービスの提供も始める。さらに、取引先企業とEDI(Electronic Data Interchange)で接続する「外部接続ゲートウェイメニュー」も提供する。

 提供価格はAIX環境が月額10万1000円(税別:以下同様)から。ライセンス監査レポート作成サービスが1アイテム当たり初期費用が72万5000円で、月額35万円。外部接続ゲートウェイメニューは月額3万6000円からとなる。


■関連リンク
ニュースリリース

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!12/20まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号

【特集】 特集データこそ最大の経営資産の今
[攻め]で臨むITインフラセキュリティ

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号』

発売:2017年9月29日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00245-1

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2017』

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共に
クラウドシフトがより鮮明に

発売:2017年10月2日
判型:A4判(372ページ)
プレスリリース
試し読み(サンプル版)

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額

インプレスグループ創設25周年