パロアルトネットワークス、SaaSアプリのデータを保護するサービスを提供開始

データセンター完全ガイド編集部

 パロアルトネットワークスは2017年3月17日、SaaSアプリケーションに保存しているデータを保護するサービス「Aperture」を3月21日から提供すると発表した。Apertureは「Box」や「Microsoft Office 365」などのSaaSアプリケーションに保存しているデータをマルウェアから保護し、情報流出が発生しないように監視するサービス。

 これまで、情報システム部門がSaaSアプリケーションに保存してあるデータを管理しようとしても難しかったが、Apertureを利用することで管理が可能になる。パロアルトネットワークスはさらに、同社の次世代ファイアウォールをオフィスなどの拠点に設置して併用することで、企業が利用を許可しないSaaSアプリケーションへのアクセスを検知し、制限できるとしている。

図:ApertureでSaaSアプリケーションに保存したデータを管理し、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールで許可しないSaaSアプリケーションへのアクセスを制限することで、SaaSアプリケーションに関するセキュリティを固めることができる(出典:パロアルトネットワークス)

 Apertureが備える機能は主に3つ、SaaSアプリケーションに保存しているデータを調べ、マルウェアの感染を検知する。これには、Palo Alto Networksが運営しているクラウドサービス「WildFire」の機能を活用する。WildFireは、世界中に分散している同社製ファイアウォールが見つけた攻撃に関する情報を共有する機能を持つ。また、クラウド上にサンドボックスを用意して、未知のマルウェアに感染している疑いのあるファイルを実行し、その動きを観察して未知のマルウェアを検知する機能も備える。

 2つ目は、SaaSアプリケーションに保存したファイルやフォルダの動きを監視する機能。どのユーザーがどのファイルにアクセスし、どのフォルダに移したかといったファイルやフォルダへの操作をすべて記録し、管理者が見やすい形で提示する。これで管理者はSaaSアプリケーションの利用状況をユーザーごとに把握できる。

 3つ目は、情報流出の防止。機械学習や日本語対応のコンテンツ検査機能で、SaaSアプリケーションに保存しているファイルの中身を解析する。これで、重要なデータを誤操作で公開していないかといったことや、ユーザーがコンプライアンス違反となる行為に及んでいないかを判定できる。さらに、組織が定めるルール理解する機能を持ち、ルール違反となるファイルを検知すると即座にファイルを隔離する。

 Apertureは現在のところ、「Box」「Dropbox」「GitHub」「Google Drive」「Microsoft Office 365」「Salesforce」「Secure Data Space」「Slack」「Jive」「ServiceNow」の10種のSaaSアプリケーションに対応しており、今後も対応アプリケーションを増やしていくという。


■関連リンク
ニュースリリース

資料請求・見積依頼

下記リストの13事業者の資料・見積をまとめてとれます!

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
鈴与シンワート
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号

【特集】 IT基盤からビジネス価値創出基盤へ
「目的指向」クラウド/DCサービスの時代

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号』

発売:2017年6月30日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(136ページ)
ISBN:978-4-295-00155-3

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額