TOKAIコミュニケーションズ、IBM Bluemixに冗長構成で閉域網接続するサービスを提供開始

データセンター完全ガイド編集部

 TOKAIコミュニケーションズは2017年5月8日、IBMのクラウドサービス「IBM Bluemix Infrastructure」のデータセンターとの閉域網接続サービスを拡充した。TOKAIコミュニケーションズは2拠点を専用線で接続する「Ethernet専用線」サービスと、多拠点を広域Ethernet網で接続する「リレーションEthernet」サービスを提供しており、その追加サービスとして、大手パブリッククラウド業者のデータセンターとの閉域網接続サービスを提供している。

 IBM Bluemix Infrastructureのデータセンターとの接続サービスとしてはこれまで、「Direct Link NSP」方式と、「Direct Link Cloud Exchange」方式を利用したサービスを提供してきた。NSP方式では、エクイニクス・ジャパンのデータセンター内にIBMが設置しているPoP(Point of Presence)というネットワーク接続点を利用する。エクイニクス・ジャパンのデータセンター内にTOKAIコミュニケーションズが設置したラックに顧客拠点から引いた専用線を接続し、データセンター内でPoPに配線する。IBM Bluemix Infrastructureとの接続サービス「Direct Link」のサービス提供が始まった当初からの接続方式だ。

 Cloud Exchange方式は、エクイニクス・ジャパンのデータセンター内にTOKAIコミュニケーションズが設置したラックに顧客拠点から引いた専用線を接続するところまではNSP方式と同じだ。違うのはデータセンター内での接続方式だ。Cloud Exchange方式では、エクイニクス・ジャパンが提供する「Equinix Cloud Exchange」サービスを利用してPoPと接続する。Equinix Cloud Exchangeサービスでは、IBM Bluemix Infrastructureだけでなく、Amazon Web Services、Google Cloud Platform、Microsoft Azureなど大手パブリッククラウドとの接続が可能になっている。TOKAIコミュニケーションズによると、IBM Bluemix Infrastructureのデータセンターと接続する場合、この方法が最も利用料を低く抑えられるという。

 今回、TOKAIコミュニケーションズが提供を始めた方式は、「Direct Linkコロケーション」と呼ぶ。IBM指定のデータセンターまで専用線で接続し、データセンターからIBM Bluemix Infrastructureのデータセンターまで直接接続する方式だ。日本でこの接続サービスを提供しているデータセンター事業者はアット東京のみ。TOKAIコミュニケーションズは顧客拠点とアット東京に設置したTOKAIコミュニケーションズのラックを専用線で接続する。あとは、アット東京がデータセンターに直接接続する。なお、この接続方式では、顧客拠点からIBMのデータセンターまで、通信路を完全に冗長化している。

図:Direct Linkコロケーションでは通信路をすべて冗長化する(出典:TOKAIコミュニケーションズ)

 TOKAIコミュニケーションズは今回のサービス拡充によって、IBM Bluemix Infrastructureへの接続方式すべてに対応したとしている。また、IBMはDirect Linkサービスで1Gビット/秒あるいは10Gビット/秒での接続にしか対応していないが、TOKAIコミュニケーションズは利用者の用途や予算に応じて、10Mビット/秒や100Mビット/秒といった低速での接続にも対応するとしている。


■関連リンク
ニュースリリース

12月5日開催!クラウド&データセンターコンファレンス 2017-18

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!12/20まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号

【特集】 特集データこそ最大の経営資産の今
[攻め]で臨むITインフラセキュリティ

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号』

発売:2017年9月29日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00245-1

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2017』

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共に
クラウドシフトがより鮮明に

発売:2017年10月2日
判型:A4判(372ページ)
プレスリリース
試し読み(サンプル版)

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額

インプレスグループ創設25周年