富士通クラウドテクノロジーズ、「ニフティクラウド」のゾーン間をL2接続するサービスを発表

データセンター完全ガイド編集部

 富士通クラウドテクノロジーズは2017年5月10日、パブリッククラウド「ニフティクラウド」の一部ゾーン間をレイヤ2接続するサービス「ゾーンコネクト」を発表した。対象は「east-1」リージョンの「east-11」「east-12」「east-13」「east-14」の4ゾーン。6月7日から提供開始の予定。利用価格は月額1万円(税別)。

図:「ゾーンコネクト」は異なるゾーン間をレイヤ2接続する(出典:富士通クラウドテクノロジーズ)

 富士通クラウドテクノロジーズは今後、ゾーンコネクトの対象ゾーンを広げていく意向を示している。さらに、異なるリージョン間も接続する「ニフティクラウド インターコネクト」構想を発表した。

図:「ニフティクラウド インターコネクト」構想は異なるリージョン間も同一ネットワークとして利用できるようにするもの(出典:富士通クラウドテクノロジーズ)

 現在のところ異なるリージョン間を接続するには、インターネット経由、VPN(Virtual Private Network)、専用線といった手段を使う必要がある。「ニフティクラウド インターコネクト」構想が実現すれば、稼働中の仮想サーバーを異なるリージョンに移動させたり、異なるリージョンにまたがって、同一のセキュリティポリシーで運用するといった使い方が容易になる。

現在、ニフティクラウドは東日本、西日本、北米の3地域にデータセンター(リージョン)を展開している。富士通クラウドテクノロジーズは「ニフティクラウド インターコネクト」構想によって、これらのリージョンが相互につながれば、クラウドシステムの信頼性が大幅に向上するとしている。


■関連リンク
ニュースリリース

12月5日開催!クラウド&データセンターコンファレンス 2017-18

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!12/20まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号

【特集】 特集データこそ最大の経営資産の今
[攻め]で臨むITインフラセキュリティ

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号』

発売:2017年9月29日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00245-1

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2017』

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共に
クラウドシフトがより鮮明に

発売:2017年10月2日
判型:A4判(372ページ)
プレスリリース
試し読み(サンプル版)

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額

インプレスグループ創設25周年