NVIDIA、最新アーキテクチャの深層学習向けGPUボードを発表ークラウドサービスも予告

データセンター完全ガイド編集部

 アメリカNVIDIAは2017年5月10日(現地時間)、深層学習向けGPUボードの新製品「Tesla V100」を発表した。「Tesla P100」の後継となる製品で、新開発の「Voltaアーキテクチャ」のチップを搭載している。Voltaアーキテクチャのチップの最大の特徴は、深層学習の機械学習と推論で多用する浮動小数点数の行列演算をハードウェア処理する「Tensor Core」を新たに搭載した点。新チップは合計で640のTensor Coreを搭載しており、前世代の「Pascalアーキテクチャ」のチップと比べると、深層学習の機械学習で最大12倍、推論で最大6倍の性能を発揮するという。

 新チップを搭載したTesla V100は、前世代の「Tesla P100」と同様、PCI-Express x16接続の製品と、NVIDIAが開発したインターコネクトである「NVLink」に対応するものが登場する。ただし、新チップではNVLinkの性能が上がり、前世代ではデータ転送速度が160Gバイト/秒だったが、新製品では300Gバイト/秒となった。

図:「Tesla V100」左がNVLink接続の製品で、右がPCI-Express接続の製品(出典:NVIDIA)

 NVIDIAはTesla P100を8台搭載したGPUサーバー「DGX-1」を販売しているが、新たにTesla V100を8台搭載したものを発売する。製品名は変わらず「DGX-1」のまま。GPUが変わったほかは、仕様に変更はない。価格は14万9000ドル(1698万6000円:1ドル=114円で換算)。前世代のDGX-1が12万9000ドルだったので、やや値上がりしたことになる。

 今回はさらに、Tesla V100を4台搭載したワークステーション「DGX Station」も発売する。深層学習の研究者に向けたもので、個人使用に向くとしている。価格は6万9000ドル(786万6000円:1ドル=114円で換算)。個人で購入するには厳しい価格と言えるかもしれない。DGX-1とDGX Stationはアメリカでは受注を始めている。出荷は2017年第3四半期になる予定だ。

図:「DGX Station」(左)と「DGX-1」(出典:NVIDIA)

 また、NVIDIAは「NVIDIA GPU Cloud」の提供を始めることも明らかにした。仮想マシンにNVIDIAの最新GPUを搭載し、「NVIDIA Deep Learning SDK」や「NVIDIA CUDA」といった開発キットのほかに、Caffe、Caffe2、CNTK、MXNet、TensorFlowなどの深層学習向けのライブラリも提供するとしている。2017年の第3四半期にパブリックベータとして提供を始める予定だ。


■関連リンク
ニュースリリース
ニュースリリース(NVIDIA GPU Cloud)

資料請求・見積依頼

下記リストの13事業者の資料・見積をまとめてとれます!

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
鈴与シンワート
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号

【特集】 IT基盤からビジネス価値創出基盤へ
「目的指向」クラウド/DCサービスの時代

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号』

発売:2017年6月30日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(136ページ)
ISBN:978-4-295-00155-3

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額