オージス総研、Deep Security as a ServiceとBarracuda WAFの導入運用サービスを開始

データセンター完全ガイド編集部

 オージス総研は2017年5月16日、クラウド上の企業システムを保護するサービスを強化すると発表した。トレンドマイクロのSaaS(Software as a Service)型セキュリティ対策サービス「Trend Micro Deep Security as a Service」と、バラクーダネットワークスジャパンのWebアプリケーションファイアウォール「Barracuda Web Application Firewall」の導入と運用監視のサービスの提供を始めた。

 パブリッククラウドに企業システムを移行する企業が増加している。パブリッククラウド上でのセキュリティは利用者の責任で守らなければならないが、セキュリティに精通する人材を十分に揃えることができる企業は少ない。そこで、オージス総研は数々の企業システムの運用を担ってきた経験を活かして、24時間365日体制で「Trend Micro Deep Security as a Service」と「Barracuda Web Application Firewall」を監視するサービスを提供する。

図:クラウドシステムを守る「Trend Micro Deep Security as a Service」と「Barracuda Web Application Firewall」を24時間365日体制で守る(出典:オージス総研)

 導入作業も担当する。「Trend Micro Deep Security as a Service」の場合は、監視対象のサーバーそれぞれにエージェントをインストールする必要があるが、この作業も請け負う。「Barracuda Web Application Firewall」の導入、初期設定も担当する。

 監視サービスでは、障害発生次の1次対応、レポート提供、セキュリティ対策の必要に応じた設定変更などを受け持つ。セキュリティに精通した人材を確保できない企業でも利用できる。


■関連リンク
ニュースリリース

クラウド&データセンターコンファレンス 2017 Summer

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
キューデンインフォコム
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
(ビットアイル・エクイニクスと合併)
エムアンドシーシステム
(丸井グループM&Cシステム)
さくらインターネット
シーイーシー
データドック

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

最新刊 雑誌『データセンター完全ガイド』

表紙『データセンター完全ガイド2017年春号』

データセンター完全ガイド2017年春号

【特集】2017年、データセンター/
クラウド基盤はこう選ぶ!

発売:2017年3月31日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00105-8

『データセンター調査報告書』

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

iDC詳細検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額