さくらインターネット、物理サーバーを独占できる「専有ホスト」サービスを提供開始

データセンター完全ガイド編集部

 さくらインターネットは2017年5月25日、パブリッククラウドサービス「さくらのクラウド」のオプションとして「専有ホスト」サービスの提供を始めた。東京第1ゾーンでのみ提供する。

 専有ホストサービスを利用すると、仮想サーバーを実行する環境を物理サーバー単位で独占できる。物理サーバーをほかのユーザーと共有する場合とは異なり、ほかのユーザーが実行している仮想サーバーがコンピュータリソースを大量に消費しても、性能低下などの問題が発生しにくい。提供するサーバーの仕様もある程度公開するので、プロセサのコア数によってライセンス価格が変動するソフトウェアの導入が可能になる。社内規定や法規などの問題で、共有サーバーでは実行できないプログラムも実行できる。

図:専有ホストサービスを利用すると、コンピュータリソースを物理サーバー単位で独占できる(出典:さくらインターネット)

 ただし、同社が提供している「専用サーバー」サービスのように、物理サーバーをそのまま提供するものではない。あくまで、さくらのクラウドのオプションという位置付けであり、使用できる仮想化環境はさくらのクラウドと共通のものになり、自由に選ぶことはできない。また、ストレージもさくらのクラウドが提供する共有ストレージを使用することになる。

 専有ホストサービスで提供するサーバーの仕様は以下の通り。物理コア数が10個のプロセサを2つと、224Gバイトのメモリを搭載する。仮想コアは最大で200まで設定可能。Windows Serverを動作させることはできない。障害発生時は、事前に関連付けてあるほかの物理サーバーに仮想サーバーを割り当てて復旧させる。

 利用価格はサーバー1台ごとに月額21万6000円(税込:以下同様)。1日当たりにすると1万800円で、1時間当たりになると1080円。


■関連リンク
ニュースリリース

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!12/20まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号

【特集】 特集データこそ最大の経営資産の今
[攻め]で臨むITインフラセキュリティ

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号』

発売:2017年9月29日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00245-1

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2017』

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共に
クラウドシフトがより鮮明に

発売:2017年10月2日
判型:A4判(372ページ)
プレスリリース
試し読み(サンプル版)

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額

インプレスグループ創設25周年