インフォテリアとディサークル、データ連携ソフトとWebグループウェアを連携

データセンター完全ガイド編集部

 インフォテリアとディサークルは2017年6月9日、インフォテリアの企業データ連携ソフトウェア「ASTERIA WARP」と、ディサークルのWebグループウェア「POWER EGG 2.0」を連携させると発表し、連携に必要な専用アダプター「POWER EGGアダプター」の提供を始めた。専用アダプターはASTERIA WARPとPOWER EGG 2.0のそれぞれの専門開発部隊を擁している鈴与シンワートが開発した。アダプター提供開始後も鈴与シンワートは顧客の求めに応じてASTERIA WARPとPOWER EGG 2.0、そして今回開発した専用アダプターを使用したシステム開発業務を支援する。

 POWER EGG 2.0は、企業組織の構成データを取り込んで、職責に応じたデータをユーザーに提示するなどの機能を提供するWebグループウェア。組織構成から決済の流れを自動的に判断して承認ワークフローを作る機能なども備える。各従業員に経費精算の機能も提供する。生産したデータはもちろん、承認ワークフローに従って処理する。また、それぞれのユーザーに必要な情報を適切なタイミングでプッシュ通信する機能によって、メールに埋もれて業務の処理を忘れるという事態を防ぐこともできる。

 ASTERIA WARPは、GUI(Graphical User Interface)の設定画面で、アイコンをドラッグ&ドロップし、少し設定するだけで既存のデータベース、ファイルシステム、各種業務システム、各種クラウドサービスを接続し、データ連携を可能にするソフトウェアだ。

 今回、専用アダプターが登場したことで、ASTERIA WARPがすでに接続しているデータベース、クラウドサービス、データウェアハウスなどのデータをPOWER EGG 2.0が取り込めるようになる。それぞれの元データの形式変換はアダプターが担当する。各種データをPOWER EGG 2.0が備えるWeb DBに集約することで、経営情報などに関するより詳細なデータをユーザーに提示できるようになる。また、ASTERIA WARPのIBM Notes向けアダプタも併用することで、NotesDBからPOWER EGG 2.0へのデータ移行が進む。

図:ASTERIA WARPと、POWER EGG 2.0がアダプターで連携する様子を示したイメージ(出典:インフォテリア)

 POWER EGGアダプターの提供形態は2種類用意する。1つ目はライセンスを買い取る形式。この場合の価格は60万円(税別:以下同様)となる。もう1つは毎月定額で利用できる「サブスクリプション版」。この場合の費用は月々3万円となる。


■関連リンク
ニュースリリース(インフォテリア)
ニュースリリース(ディサークル)

資料請求・見積依頼

下記リストの13事業者の資料・見積をまとめてとれます!

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
鈴与シンワート
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号

【特集】 IT基盤からビジネス価値創出基盤へ
「目的指向」クラウド/DCサービスの時代

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号』

発売:2017年6月30日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(136ページ)
ISBN:978-4-295-00155-3

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額