Microsoft、Azure Disk Storageで最大4Tバイトのストレージを提供開始

データセンター完全ガイド編集部

 Microsoftは2017年6月15日(米国時間)、パブリッククラウド「Microsoft Azure」のストレージサービス「Azure Disk Storage」で、最大4Tバイトのストレージの提供を始めた。従来は1Tバイトの「P30」「S30」が最大のストレージだったが、2Tバイトの「P40」「S40」と、4Tバイトの「P50」「S50」の提供を新たに始めた。Managed Disks(管理対象ディスク)と、Unmanaged Disks(非管理対象ディスク)の両方で提供する。

 新しく提供を始めたストレージの性能は、SSDを利用しているP40とP50が毎秒7500 I/Oで、ハードディスクを利用しているS40とS50が最大で毎秒500 I/Oとなる。アメリカ政府向けリージョンや、中国リージョンなど一部のリージョンを除く全リージョンで提供を始めた。東日本リージョン、西日本リージョンでも利用可能だ。現在提供していないリージョンでも、数週間以内に提供を始める予定だ。

図:東日本リージョンにおける管理対象の「P」ストレージの提供価格(出典:日本マイクロソフト)

 また、管理対象の「P」ストレージで小容量のストレージに提供も始めた。従来は128Gバイトの「P10」ストレージが最小のストレージだったが、32GバイトのP4と64GバイトのP6の提供を新たに始めた。性能はP10ストレージが毎秒500 I/Oだが、P4は毎秒120 I/O、P6は毎秒240 I/Oとなる。P4とP6の提供開始前にP10ストレージで64Gバイト以下のディスクを設定して利用している場合、そのストレージはP10の性能のままとなり、利用価格もP10と同様の扱いになる。

 Microsoftは今後近いうちに非管理対象ディスクでもP4とP6の提供を始める予定だとしている。


■関連リンク
ブログ記事

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号

【特集】 特集データこそ最大の経営資産の今
[攻め]で臨むITインフラセキュリティ

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号』

発売:2017年9月29日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00245-1

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2017』

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共に
クラウドシフトがより鮮明に

発売:2017年10月2日
判型:A4判(372ページ)
プレスリリース
試し読み(サンプル版)

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額

インプレスグループ創設25周年