テラスカイ、AWSの稼働状況をレポートの形にまとめるサービスを提供開始

クラウド&データセンター完全ガイド編集部

 テラスカイは2017年6月30日、パブリッククラウド「Amazon Web Services(AWS)」上で顧客が利用しているサービスの稼働状況や運用状況を示すレポートを提供するクラウドサービスの提供を始めた。稼働状況や運用状況を示すデータを集めて自動的に集計し、レポートの形で提供する。

 テラスカイはこのサービスをAWS上に顧客が希望するシステムを構築し、運用まで引き受ける「マネージドサービスプロバイダー(MSP)」向けに提供する。テラスカイのサービスは、MSPがユーザー企業に提出する報告書を作成する際に役立つ材料を提供するという。テラスカイは例えば特定期間に発生した障害の数の推移を示すグラフなどの作成にも対応するとしている。

図:テラスカイはAWSの稼働状況を把握するシステムをHeroku上に構築し、サービスとして提供する(出典:テラスカイ)

 このサービスは、セールスフォース・ドットコムが提供するPaaS(Platform as a Service)「Heroku」の上に構築した。サービスの規模を柔軟に伸縮させることができるPaaSの上に構築することで、顧客のビジネス規模の拡大や、業務内容の変更にも素早く、柔軟に対応できる。テラスカイは今後もHerokuを活用したサービスを開発提供するとともに、企業情報システムの個別開発に積極的に取り組むといている。


■関連リンク
ニュースリリース

10月13日開催!SIerのためのITインフラビジネス戦略会議2017

資料請求・見積依頼

下記リストの13事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!9月末まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
鈴与シンワート
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号

【特集】 IT基盤からビジネス価値創出基盤へ
「目的指向」クラウド/DCサービスの時代

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号』

発売:2017年6月30日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(136ページ)
ISBN:978-4-295-00155-3

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額