富士通クラウドテクノロジーズ、ITILを基にしたクラウド運用支援サービスを提供開始

クラウド&データセンター完全ガイド編集部

 富士通クラウドテクノロジーズは2017年8月2日、パブリッククラウド「ニフティクラウド」の利用企業向けに、ITIL(IT Infrastructure Library)に基づくシステム運用を支援するサービス「ニフティクラウド エンタープライズサポート powered by FIP」の提供を8月8日から開始すると発表した。

 ニフティクラウドの利用者に向けてはすでに、24時間365日態勢で電話を受け付けるトラブル相談窓口のほか、システム監視代行などの有償サポートサービスを提供しているが、企業ユーザーからセキュリティリスクの最小化や継続的なシステム改善活動の支援など、より高度なサポートサービスを求める声を多く受けていたという。

 今回提供するニフティクラウド エンタープライズサポート powered by FIPでは、より高品質な問い合わせ対応や、インシデント管理と、それに基づく改善提案、システムの定期的な評価と拡張計画立案など、ITILに準拠したシステム運用を支援する。富士通クラウドテクノロジーズは、富士通エフ・アイ・ピーと提携してこのサービスを提供する。ニフティクラウドを運営するデータセンターのうち、「east-4」リージョンでこのサービスを受けられる。

図:電話による問い合わせに対応するだけでなく、担当技術者による改善提案などのサービスも提供する(出典:富士通クラウドテクノロジーズ)

 ニフティクラウド エンタープライズサポート powered by FIPでは、「エコノミー」「スタンダード」「プレミアム」の3種類のメニューを用意している。エコノミーでは、インシデント発生件数の集計や、それぞれのインシデントの内容の評価など、安定運用と、障害発生時の素早い復旧を目指したサービスを提供する。利用価格は基本利用料が月額8万円(税別:以下同様)で、サーバー1台当たり4500円の従量料金が発生する。

 スタンダードでは、エコノミーのサービスに加えて計画保守を実施するときの事前説明や、システム構成管理など、運用品質向上を支援するサービスも提供する。基本利用料は月額25万円で、サーバー1台当たりの従量料金は1万1000円。

 プレミアムでは、スタンダードのサービスに加えて業務システムに必要なコンピュータリソースの管理などを支援する。このときは担当者が利用企業を訪問する。基本利用料は月額50万円で、サーバー1台当たりの従量料金は1万9800円。

 富士通クラウドテクノロジーズは今後、ニフティクラウド エンタープライズサポート powered by FIPを、east-4リージョンだけでなく、ほかのリージョンでも利用できるように対象リージョンを拡大していく予定を打ち出している。


■関連リンク
ニュースリリース

資料請求・見積依頼

下記リストの13事業者の資料・見積をまとめてとれます!

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
鈴与シンワート
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号

【特集】 IT基盤からビジネス価値創出基盤へ
「目的指向」クラウド/DCサービスの時代

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号』

発売:2017年6月30日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(136ページ)
ISBN:978-4-295-00155-3

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額