三井情報、SAP ERP環境を1日で構築可能にするPaaSを提供開始

クラウド&データセンター完全ガイド編集部

 三井情報は2017年8月4日、ドイツSAPのERP(Enterprise Resource Planning)向けのPaaS(Platform as a Service)「MKI PaaSレイヤー・マネージドサービス for SAP ERP」を8月から提供すると発表した。アメリカVelocity Technology Solutions社と日本で初めて代理店契約を結び、同社のサービスを基に今回のサービスを提供する。

 Velocity Technology Solutions社は、SAPのほか、主要なERPシステムに向けたマネージドサービスを提供している。Amazon Web Services(AWS)上に顧客が求めるERP環境を構築し、運用を代行している。同社はこのサービスを提供するにあたって、独自の自動化技術を開発して活用している。この技術を利用すると、サーバーの規模など、簡単な設定をするだけで、SAPの標準環境でのERP構築をわずか1日で完了させるというものだ。通常はこの作業に2週間ほどかかるが、この機能を利用することで顧客はSAPのERP環境をすぐに使い始めることができる。また、ERP環境をAWS上に構築しているため、必要に応じてコンピュータリソースを自由に増減させることができるというメリットもある。Velocity Technology Solutions社は、ハードウェアやOSだけでなく、SAPのERP環境まで含めて99.75%の稼働率を保証している。

図:Velocity Technology Solutions社は、PaaSの提供と運用を担当する(出典:三井情報)

 「MKI PaaSレイヤー・マネージドサービス for SAP ERP」では、Velocity Technology Solutions社がPaaSの提供と運用を担当し、三井情報が日本語化や問い合わせ窓口、問題発生時の一時切り分け、拡販を担当する。

 三井情報は今後もほかの協力企業と共同で、SAP ERP環境の構築、運用サービスを提供していくとしている。


■関連リンク
ニュースリリース

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号

【特集】 特集データこそ最大の経営資産の今
[攻め]で臨むITインフラセキュリティ

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号』

発売:2017年9月29日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00245-1

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2017』

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共に
クラウドシフトがより鮮明に

発売:2017年10月2日
判型:A4判(372ページ)
プレスリリース
試し読み(サンプル版)

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額

インプレスグループ創設25周年