バリオセキュア、マネージドセキュリティサービスをエンドポイント保護ソフトで強化

クラウド&データセンター完全ガイド編集部

 バリオセキュアは2017年8月8日、同社が提供しているマネージドセキュリティサービスに追加で利用可能なサービスとして「VarioEndPointSecurity-F」の提供を始めた。同社は独自開発の統合脅威管理(UTM:Unified Threat Management)「VSR(VarioSecureRouter)」を活用したマネージドセキュリティサービスを提供している。

 VSRは企業のインターネット接続口のすぐそばに設置することで、社内を行きするパケットを調べて、怪しい通信を遮断し、Webやメール経由で入り込むマルウェアをパターンファイルとのマッチングで検出し、ダウンロードを止めるなどの機能を持つ。そしてバリオセキュアはVSRなどの自社開発UTM機器を監視し、運用、保守、技術サポートのサービスを提供している。

 今回提供を始めた「VarioEndPointSecurity-F」は、マネージドセキュリティサービスに追加して利用できるもの。フィンランドF-Secure社のサンドボックス機能付きのエンドポイント保護ソフトウェア「Protection Service Business」を提供する。ゲートウェイで検知できなかったマルウェアをランサムウェアをPCやサーバーで検知する体制を整えることで、利用企業のセキュリティをより強固なものにする。

図:独自開発のUTM機器に加えて、エンドポイント保護ソフトウェアで守りを固める(出典:バリオセキュア)

 バリオセキュアは今後も顧客の要望に応え、先進的な技術を利用したセキュリティ対策サービスを提供していくとしている。


■関連リンク
ニュースリリース

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号

【特集】 特集データこそ最大の経営資産の今
[攻め]で臨むITインフラセキュリティ

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号』

発売:2017年9月29日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00245-1

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2017』

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共に
クラウドシフトがより鮮明に

発売:2017年10月2日
判型:A4判(372ページ)
プレスリリース
試し読み(サンプル版)

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額

インプレスグループ創設25周年