アイル、中小店舗向け業務管理クラウドサービスでブロックチェーンの運用を開始

クラウド&データセンター完全ガイド編集部

 アイルは2017年8月21日、同社のクラウドサービス「CROSSシリーズ」で、ブロックチェーンの運用を開始したことを明らかにした。CROSSシリーズは中堅・中小規模の小売業向けに業務情報を管理する機能を提供するクラウドサービス。複数のショッピングサイトの商品、在庫、受注などの情報を一元管理する「CROSS MALL」や、実店舗とショッピングサイトの両方で流通するポイント情報や、顧客情報を一元管理する「CROSS POINT」などのサービスを提供している。

 今回採用したブロックチェーンは、シビラが独自に開発した「Broof」。ブロックチェーンは仮想通貨ビットコインから発生した技術であり、現在も金融業務に応用しようと試みる企業が多い。一方Broofは金融業務ではない、ほかのさまざまな業務での活用を目指してシビラが開発したものだ。エンタープライズシステムでも利用できるほどの堅牢な設計、高い処理能力、すべての情報を追跡可能にするトレーサビリティーを実現しており、電子的に保存した契約、合意、取引を自動的に処理する「スマートコントラクト」にも対応する。

 アイルは今回、CROSSシリーズの一部機能を対象に、いつ誰がどのような操作をしたのかを記録する「監査ログ」の管理にBroofを使い始めた。これで、クラウドに蓄積している顧客データなどの機密性が高いデータの改ざんを防止するとしている。

図:CROSSシリーズが持つ顧客データなどを、Broofで管理することで、改ざんの可能性を限りなく低くする(出典:アイル)

 アイルは今後、Broofの活用範囲を広げ、不正アクセスや人間の操作ミスによるサービス停止を防ぐセキュリティ対策機能の開発を目指すとしている。さらに、ブロックチェーンのセキュリティ強度の高さを利用して、複数の企業、サービスにまたがって安全な形でシステムを連携させ、市場動向や消費者に要望に関するデータを集積して分析する、ショッピングサイト専用のBIツールなどの提供を検討しているという。


■関連リンク
ニュースリリース

12月5日開催!クラウド&データセンターコンファレンス 2017-18

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!12/20まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号

【特集】 特集データこそ最大の経営資産の今
[攻め]で臨むITインフラセキュリティ

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号』

発売:2017年9月29日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00245-1

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2017』

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共に
クラウドシフトがより鮮明に

発売:2017年10月2日
判型:A4判(372ページ)
プレスリリース
試し読み(サンプル版)

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額

インプレスグループ創設25周年