鈴与シンワート - ITの不満と不安を丸ごと解消鈴与シンワートのS-Portソリューション

[PR]
多様化するニーズに応えるためにさらなる高付加価値化を進めるデータセンターサービス
ITの不満と不安を丸ごと解消
鈴与シンワートのS-Portソリューション
S-Portソリューション
鈴与シンワート
http://s-port.shinwart.com/
鈴与シンワートは、データセンター事業者でも、クラウドサービス事業者でもない。システムの設計・開発・構築から保守運用まで、すべてをサービスとして提供している“総合IT事業者”だ。20年以上の豊富な実績を基に、あらゆる顧客のITに関する不満や不安を解消し、多彩で低価格なサービスを提供する「S-Portソリューション」を中核に、企業の悩みを解決できるのが同社の強みだ。

分かりにくくありませんか?
ITコストの妥当性

ビジネスの要求に従って、システムを「適正なコスト」で推進していくのは、企業のIT担当者の本来的なミッションだ。しかしながら、ITのコスト・パフォーマンスを定量的に分析し、費用の妥当性を見極めるのはそう簡単なことではない。というのも、データセンターの利用から、機器の調達、設備の維持管理、保守点検要員の確保に至るまで、システムの導入・運用を巡っては実にさまざまなコストが絡んでくるからだ。しかも、データセンター事業者やサービス事業者は数多く、比較検討を通じて「最適な事業者」を選定するのは難しい。また、システムの更改や新規構築の見積もりをベンダーに作らせたとしても、その内容が本当に妥当かどうかを判断するのも困難だ。さらに、クラウドサービスを使うにしても、自社の課題や状況と照らし合わせて、「本当にクラウドの活用が正解なのか」、「どのサービスを使うのが適切なのか」を判断するのも難しい。そんな不安を持ちながら、継続利用しているIT担当者 もいるのではないだろうか。

豊富な経験・知見をベースに
妥当性評価をサポート

鈴与シンワートは、過去20年以上にわたって多様な企業の課題を解決してきた総合IT事業者だ。公共・金融・大規模システムなどの開発を手掛ける「システムディベロップメント事業」、人事給与・会計などの「ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)事業」、そして「データセンター&クラウドサービス事業」の三本柱で、ユーザー企業のビジネス展開を下支えしている。鈴与シンワート ソリューションカンパニー クラウド事業部 事業部長の岩﨑洋氏は、自社が培ってきた経験・知見をベースに、データセンターやサービス選びの「検索エンジン」になりたいと述べる。

鈴与シンワート ソリューションカンパニー クラウド事業部 事業部長 岩﨑 洋氏
鈴与シンワート
ソリューションカンパニー クラウド事業部
事業部長
岩﨑 洋氏

「当社ならば、お客様の既存システムや将来的に導入しようとしているITに関して、総合的な見地からコストの妥当性評価を支援することができます。また、お客様にとって最適なシステム/サービスを適正価格で提供することも可能です。既存システムのコストに不満をお持ちであれば、まず試しに当社にご相談いただきたいと思います。当社の豊富な実績から、お客様の不満や不安の解消につながるソリューションを適正な価格で提案いたします」(岩﨑氏)。

ITの不満と不安を鈴与シンワートのサービスで解消できれば、顧客のIT担当者は日常運用やトラブル対応から解放され、本来の業務に集中することができる。

ITのあらゆる煩わしさから
企業を解き放つ

鈴与シンワートでは現在、データセンターサービス「S-Portデータセンターサービス」とクラウドサービス群「S-Port Cloudサービス」に、インテグレーションから運用管理サービスまでを付加した総合ITサービス「S-Portソリューション」を提供している。同ソリューションの土台であるデータセンターは、東京・大阪・埼玉の都市型施設がその中心を成す。今後も首都圏、北海道、沖縄のデータセンターを順次提供開始する予定だ。

鈴与シンワートのS-Portソリューション
鈴与シンワートのS-Portソリューション(クリックで拡大へ

これらのデータセンターでは、IaaSからPaaS、SaaSまでの幅広いクラウドサービスがラインアップされており、IaaSとしては、必要リソースを顧客専用で確保して提供できる「(リソース)占有プラン」も準備している「V2シリーズ」や、ハイスペックなリソースを仮想専有サーバ(VPS)として安価に提供する「G シリーズ」などが新たに追加されている。

また開発者にとっては、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl/Python) 開発環境を定額料金で利用できるPaaS 「Lシリーズ」も魅力的だろう。SaaSのラインアップについても、2015年に入ってから名刺管理サービスの「Nシリーズ」やTV会議サービス「Tシリーズ」などが追加され、9サービスに拡充されている。

こうしたサービス展開を背後で支えているのが、鈴与シンワートの開発力だ。同社は、ソフトウェア開発の実績が豊富であり、専門エンジニアも数百名在籍し、開発・パッケージソリューションの提案力には定評がある。大手メーカーの開発を請け負うケースも少なくなく、航空・医療・流通・金融などの分野においても経験とノウハウを積み上げてきた。岩﨑氏によれば、そうした開発力があるからこそ、ユーザーが抱える運用やインフラなどの問題を解決できるのだという。

「当社では、データセンターサービスやクラウドサービスのみならず、システム開発、パッケージソリューション、人事給与アウトソーシングなど、あらゆるサービスを提供することができます。ですから、ITに関するすべての実務をお任せいただけますし、ITの煩わしさからお客様を解放することができるのです。ITに縛られることなく、競争優位の確保に向けたお客様の本来業務に集中していただくこと――つまりITのメリットを必要な時だけ享受していただく『Reasonable Solution on Demand(RoD)』を実現することが、私たちの目標です」(岩﨑氏)。

パートナー募集!
顧客との「共生(ともいき)」

鈴与シンワートでは、鈴与グループが創業200年を超える歴史の中で変わることなく掲げてきた「共生」の理念を基盤とし、「顧客との共生」を実現する協業サービスの展開にも積極的に取り組んでいる。周知のとおり、近年では新システムの導入時にまずはクラウドサービスの活用を検討する「クラウドファースト」のアプローチが、ユーザー企業の間で一般化しつつある。そのため、ソフトウェア開発事業者を中心に、自社のソフトウェアをクラウド化したいというニーズが高まっている。そうしたニーズの受け皿として、鈴与シンワートのデータセンターや運用力、そして開発ノウハウをフルに機能させるというのが同社の考えだ。岩﨑氏はこう呼びかける。

「S-Portソリューションとして多彩なサービスを展開するために、協業していただけるソフトウェア開発事業者様を常に探しています。パッケージ製品をクラウドでも販売したいというソフトウェア会社様にとって、当社は強力なパートナーになりうると自負しています。新たにクラウドのサービスを立ち上げたいと考えるならば、是非とも当社にご相談いただき、ともにユーザーの課題解決と市場開拓に取り組んでいきたいと考えています」

お問い合わせ先

鈴与シンワート株式会社
03-5444-2651 平日9:00~18:00
http://s-port.shinwart.com/contact/
資料請求 見積依頼
12月5日開催!クラウド&データセンターコンファレンス 2017-18

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号

【特集】 特集データこそ最大の経営資産の今
[攻め]で臨むITインフラセキュリティ

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号』

発売:2017年9月29日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00245-1

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2017』

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共に
クラウドシフトがより鮮明に

発売:2017年10月2日
判型:A4判(372ページ)
プレスリリース
試し読み(サンプル版)

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額

インプレスグループ創設25周年