NTTPCコミュニケーションズ - 顧客のIT基盤に適したクラウド&IoT環境を提案・設計、保守までワンストップで提供

[PR]
ユーザーのビジネスミッションを確実に遂行させサポートするデータセンターサービス
顧客のIT基盤に適したクラウド&IoT環境を
提案・設計、保守までワンストップで提供
NTTPCの
クラウドソリューション

NTTPCコミュニケーションズ
http://www.nttpc.co.jp/
NTTPCコミュニケーションズが提供するクラウド導入の自由度を大幅に向上するクラウドソリューション。自社の多様なサービスと、他社のクラウドサービスとを自在に組み合わせ、ワンストップで提供。NTTPCコミュニケーションズのクラウドスペシャリストによる適正構成の提案から保守までをトータルにサポートする。

クラウド活用を巡る
企業の課題を抜本解決

企業システムの構築・改革の一手として、まずはクラウドの活用・導入を検討する――。そんな“クラウドファースト”の考え方が企業の間で一般化しつつある。だが、あらゆるシステムがクラウドで最適化されるわけではなく、IT部門は、自社に適したクラウドの活用を推し進めていかなければならない。また、ニーズ優先の考え方でクラウドの導入を進めようとすると、複数のクラウドを並行して使用する必要に迫られる。この場合、各クラウドと自社とをどのようにつなぎ、セキュリティーを担保するのが適切かも考えなければならない。

NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)のクラウドソリューションは、クラウド活用を巡るこうした課題を抜本的に解決するためのものだ。NTTPCが提供する実績が豊富なネットワーク、クラウド、そしてセキュリティーの各サービスがワンストップで提供されるほか、NTTPCのVPN接続サービス「Master's ONEインタークラウドネットワーク」を通じて、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなど、複数のメジャークラウドとのセキュアな相互接続もサポートされる。これによってユーザーは、ニーズに応じた多彩なサービスの活用を、インフラの安全性を確保しながら推進していくことができる。

クラウドのプロが企業ニーズを把握
適切な組み合わせを提案

NTTPCのクラウドソリューションにはもう1つ大きな特色がある。それは、クラウドに精通した「クラウドスペシャリスト」が適切なインフラ構成をアドバイスするサービスが用意されていることだ。

NTTPCのクラウドソリューションの全体像
図1:NTTPCのクラウドソリューションの全体像

「クラウドスペシャリストは、お客さまが『クラウドをどう使いたいのか』、『オンプレミスでは何がしたいのか』を把握し、適切なコーディネートを提案します」と、NTTPCの山﨑智行氏は説明する。

また、NTTPCには、クラウドだけではなく、ネットワーク、データベース、サーバーといった各分野の専門家がいる。そうしたスペシャリストがチームとして動くことで、顧客の課題に適した技術解が導き出せる。

「利用が長期に及ぶ場合など、クラウドからオンプレミスに戻したほうが経済的なケースもあります。そんな場合も、NTTPCの豊富なサービスラインナップで、より良い提案が行えるのです」と、NTTPCの平川将史氏は語る。

さらに、クラウド導入・活用の経験がない企業のIT部門では、従来システムとクラウドとの違いに戸惑い、自分たちのクラウド導入方法に確信が持てないことが間々ある。

NTTPCのクラウドソリューションでは、クラウドスペシャリストが、オンプレミスとクラウドの差異を吸収。ユーザーは、従来システムの延長としてクラウドを違和感なく扱っていけるのである。

IoT/M2M対応でも強みを発揮
通信経路のセキュリティーも確保

NTTPCのクラウドソリューションでは、すでに多くの案件が進行しており、IoT/M2Mプロジェクトでの引き合いも少なくない。

たとえば、太陽光発電所システムの開発販売・保守を手掛ける株式会社Looopは、NTTPCのクラウドソリューションを利用して「太陽光発電所システム監視サービス『みえるーぷ』プラットフォーム」(図2)を構築した。

事例「太陽光発電所システム監視サービスプラットフォーム」
図2:事例「太陽光発電所システム監視サービスプラットフォーム」

これは、発電量を収集してサーバーに蓄積する基盤だ。

この仕組みにより、発電所システムの所有者は発電量などをインターネット経由で確認することが可能となり、Looop側もリモートでの故障切り分けが可能になった。

その実現に際して、NTTPCは、発電所システムとNTTPCのクラウドソリューションの仮想マシンとをMaster'sONEで結び、データ通信経路のセキュリティを確保した。また、IoT/M2Mシステムの場合、データ量が増大し、ネットワークやデータ解析のワークロードが高まることになるが、NTTPCのクラウドソリューションでは、そうしたワークロードの増大にも十分に対応できる基盤も用意している。Looopでは今後、蓄積したデータの分析を推し進め、保守サービスの高度化・品質向上に役立てていくもようだ。

「太陽光パネルは通常、人が常駐していない場所に設置されることが多いため、ほこりがたまったり、周りに草が茂ったりして発電効率が落ちることがあります。蓄積データの分析によって、こうした状態の見える化を実現し、より上質な保守・サポートに結びつけていくそうです」と、NTTPCの細谷仙子氏は説明する。

もちろん、IoT/M2M領域での経験やインフラ設計のノウハウは、さまざまな分野での転用・応用が可能だ。

「たとえば、POSレジ端末から情報をVPN経由で送り、データベースで商品管理を行うといった案件にもスピーディに応えられます」と、NTTPCの中原健治氏はいう。

企業ITのクラウド化の現実と近未来を直視し、あらゆる課題にワンストップで対応する技術と体制を整えたNTTPC。そのクラウドソリューションが、日本の企業ITのクラウド化に拍車をかける可能性は高い。

お問い合わせ先

株式会社NTTPC コミュニケーションズ
電話:0120-725-861(受付時間 9:30~18:00 土日祝日・年末年始を除く)
sym@arena.ne.jp    http://www.nttpc.co.jp/
10月13日開催!SIerのためのITインフラビジネス戦略会議2017

資料請求・見積依頼

下記リストの13事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!9月末まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
鈴与シンワート
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号

【特集】 IT基盤からビジネス価値創出基盤へ
「目的指向」クラウド/DCサービスの時代

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号』

発売:2017年6月30日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(136ページ)
ISBN:978-4-295-00155-3

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額