ほくでん情報テクノロジー

[PR]

本格化するBCP/DRニーズを取り込みさらに高度な運用体制を確立するデータセンターサービス

災害リスクの少ない北海道札幌市を拠点に
最適なBCP/DRを提案する「H-IXデータセンター」

H-IXデータセンター
ほくでん情報テクノロジー

北海道電力グループの業務システムの開発、運用、保守を担うほくでん情報テクノロジーでは、北海道札幌市のH-IXデータセンターを基盤に、ハウジングやホスティング、クラウドサービスなど、ITシステムのアウトソーシングサービスを提供している。札幌に立地する同センターの特徴と同社の提供するトータルソリューションを紹介する。

BCP/DR 用途に最適
災害リスクの少ない札幌

勢田直成氏 データセンター事業部長
勢田直成氏

近年、首都圏のデータセンターに加え、地方のデータセンターの需要が高まっている。東日本大震災以降は、BCP(事業継続計画)/ DR(災害対策)の観点から、メインサイトから離れた地域にDRサイトやバックアップサイトを置く企業が増加している。さらに、仮想化やリモート技術の進展、マネージドサービスの提供などにより、担当者がデータセンターに足を運ぶ必要が少なくなったことも注目される理由だ。

ほくでん情報テクノロジーの「H-IXデータセンター」は、北海道札幌市に立地する都市型データセンター。同社データセンター事業部長の勢田直成氏は、「H-IXデータセンターの立地の魅力は、北海道ということだけでなく札幌市であるという点です。広い北海道の中でも特に札幌市は地震などの被災リスクが低く、お客様のIT資産を安全にお預かりするのに最適な地です」と語る。

札幌は全国的にも大地震が発生する確率が極めて小さい地域と言われており、文部科学省の地震調査研究推進本部が発表するデータ(平成24年)によれば、今後30年間に震度6以上の揺れに見舞われる確率が、札幌市は0.6%と、日本全国の政令指定都市の中で最も低い。

津波や洪水などの水害についても、H-IXデータセンターは海岸線から15km以上、最寄りの河川から3km以上離れており、被害の可能性は極めて低い。台風についても、接近数は年平均で1.5回と少なく、もちろん、データセンターの立地する地盤は強固で、液状化の恐れもない。

そうした災害リスクの極めて低い土地でありながら、H-IXデータセンターは札幌都心に位置し、交通アクセスにも優れた立地で、関東、関西圏のBCP/DR拠点としてだけではなく、メインセンターとして利用している企業も多いと言う。また、札幌市内には多くのITベンダーのパーツセンターがあるため、部品調達や保守サポートの面でも首都圏、関西圏にひけを取らないと言える。

電力事業で培ってきた安定したインフラを提供

H-IXデータセンターでは、北海道の冷涼な気候を生かして、外気冷房を採用。電力消費の効率化と環境負荷の軽減を実現している。2012年に導入された間接外気冷房は、屋外の熱交換機と室内の間で冷媒を自然循環させて、効果的に冷気を取り込むシステム。高効率型空調機も採用し、一般的な空調機と比較して、年間総合40%以上のCO2削減効果が見込まれるという。さらに、サーバーラックが設置されているハウジングフロアは、ホットアイルとコールドアイルを分け、コールドアイル側をキャッピングすることで、空調効果を高めている。

間接外気冷房システム
間接外気冷房システム
屋外に熱交換器を設置し、室内と熱交換器の間で冷媒を自然循環させることによって、極めて効率的に屋外の冷気を屋内に取り込む冷房システム。直接外気を取り込まないため、粉じんや塩害などの影響は全く受けない。
キャッピングされたコールドアイル
キャッピングされたコールドアイル

電力系であるH-IXデータセンターは、その充実した電力インフラも最大の魅力だ。異なる変電所から本線予備線方式で高圧2系統受電をしているが、そもそも札幌市近郊の電力網は札幌を囲む形で冗長化されたループ状に構成されており、どこかで障害が発生しても停電が生じにくくなっている。

また、H-IXデータセンターには、連続運転可能な燃料と冷却水を備蓄したディーゼル発電機を完備し、センター内の無停電電源装置(UPS)も多重化されている。

近藤敏明氏 データセンター事業部
ソリューショングループ 課長
近藤敏明氏

ディーゼル発電機については、「無負荷試験を行っているデータセンターは多いと思いますが、弊社では毎年1回、実際にサーバーなどの機器を稼動したまま実負荷試験を実施し、発電機の正常動作や起動時間等の確認をしています。そうした技術やノウハウは、電力系である弊社ならではの強みです」と同社データセンター事業部ソリューショングループ課長の近藤敏明氏は言う。

H-IXデータセンターには、IT技術者だけでなく、電源設備専任の担当技術者が24時間365日体制で常駐。データセンターの命と言える電力インフラを万全に保っている。H-IXデータセンターでは2年前にUPSの入れ替えを行ったが、その際にもサーバーへの電力供給を停止させることなく交換を完了させたと言う。ほくでん情報テクノロジーが持つ、電気設備に関するノウハウ、技術の高さを示す実績の1つだ。

電流値や温度については、同社の持つ「環境監視システム」により、リアルタイムで監視。しきい値を上回るとアラームが発生し、障害を未然に防いでいる。回路1本単位で24時間の監視が行われているのだ。

セキュリティ面も万全だ。24時間365日監視員常駐は当然のこと、静脈認証システムや共連れを防止するフラッパーゲートなど、最新のセキュリティ設備を完備している。

ネットワークはキャリアフリー。複数ルートで各回線を引き込み、冗長化を図っている。インターネット接続サービスも提供している同社のバックボーンは、東京のIXに直接接続し、IPv4とIPv6で多くのISPとピアリングを行っている。

共連れを防止するフラッパーゲート
共連れを防止するフラッパーゲート

設計、構築から運用、保守までトータルでシステム運用を支援

原子力也氏 データセンター事業部
ソリューショングループ 営業担当
原子力也氏

札幌に位置するH-IXデータセンターの顧客は、道内の企業の割合が高いものの、近年は首都圏、関西圏の企業の割合が高まっているという。

BCP/DR目的の利用も増えており、「簡単なバックアップサーバーの設置から、データをリアルタイムに同期するDRサイトとして運用されているお客様までさまざまです。いったん落ち着いた感のあるBCP/DRニーズですが、ここにきて具体的な構築まで含めたご相談が増えています」と同社データセンター事業部ソリューショングループ営業担当の原子力也氏は言う。

「BCP/DRは重要だと分かっていても、実際に構築をどうすればいいのか、DRサイトの運用を任せられるのかなど、お客様の不安もあります。弊社では、構築から運用までワンストップでお客様を支援します。適切な運用体制を構築し、有事の際にはサブシステムへの切り替えまで、トータルでBCP/DRを実施します」と近藤氏。DRについては、年1回、手順書ベースで切り替え訓練や連絡訓練を行い、不測の災害などに備える。

こうしたトータルでの支援はBCP/DRだけにとどまらない。「お客様ごとの細かい要件やニーズにも柔軟に対応して、単なるハウジングだけにとどまらず、サーバーインフラやプライベートクラウドの設計、構築から運用、保守、サポートまで支援します」と勢田氏は言う。単なる不動産モデルのデータセンターではなく、顧客の要望に応え、柔軟に支援、対応することがH-IXデータセンターの大きな特徴である。

拡大するクラウドに対応
ハウジングとの連携も容易に

ほくでん情報テクノロジーでは昨年から、H-IXデータセンターを基盤として「H-IXクラウドホスティングサービス」を提供開始した。

これは、仮想化されたサーバーリソースを要望にあわせて提供するリソース保証型のIaaS型クラウドサービスだ。顧客の通信回線やH-IXハウジングサービスとの接続が可能となっており、一般的なクラウドサービスでは難しかった顧客システムとのプライベート接続が行えることが大きな特徴だ。

「H-IXハウジングサービスをご利用のお客様が、バックアップ用にH-IXクラウドホスティングサービスにプライベート接続し、活用されるケースが多くなっています」と手応えを感じている原子氏。その他にも、基幹、業務系はH-IXハウジングサービスを、Webなどの情報系サーバーはH-IXクラウドホスティングサービスを利用するといった使い方など、さまざまな用途で活用されているという。

同社ではクラウド型のストレージサービスなども提供しており、今後もクラウドサービスは拡大予定だ。

災害リスクの極めて低い立地に、顧客のITシステムを万全に守るファシリティ。さらに構築、設計から運用までのきめ細やかなサポートで、顧客のITアウトソーシングをトータルで支援するのがほくでん情報テクノロジーのH-IXデータセンターだ。

勢田氏は、「お客様の立場から、設計、構築、運用まで全力を挙げてお手伝いします。まずはご相談ください」と語った。

H-IXデータセンターを基盤に、ITアウトソーシングを設計から構築、運用までトータルで支援する
H-IXデータセンターを基盤に、ITアウトソーシングを設計から構築、運用までトータルで支援する
 
■お問い合わせ先

ほくでん情報テクノロジー株式会社
データセンター事業部
TEL:011-330-7606

http://www.h-ix.jp/
メール:sales@h-ix.jp
 
12月5日開催!クラウド&データセンターコンファレンス 2017-18

資料請求・見積依頼

下記リストの12事業者の資料・見積をまとめてとれます!
「資料請求」または「見積依頼」をご利用いただいた方“全員”に、データセンター完全ガイド最新号をプレゼント!12/20まで

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
鈴与シンワート
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号

【特集】 特集データこそ最大の経営資産の今
[攻め]で臨むITインフラセキュリティ

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年秋号』

発売:2017年9月29日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(144ページ)
ISBN:978-4-295-00245-1

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2017』

データセンター調査報告書2017

事業者、利用企業共に
クラウドシフトがより鮮明に

発売:2017年10月2日
判型:A4判(372ページ)
プレスリリース
試し読み(サンプル版)

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額

インプレスグループ創設25周年