Software Definedインフラ変革の進捗を知る ―現時点でのメリットと課題を把握し導入・活用の具体的指針を立てる―

Software Definedインフラ変革の進捗を知る
―現時点でのメリットと課題を把握し導入・活用の具体的指針を立てる―

「向こう5年間の年間成長率54.8%」(IDC Japanの市場調査レポートより)――SDN(Software Defined Networking)が次世代基盤技術というフェーズを過ぎて、データセンター/クラウドサービス事業者での導入を中心に普及の途についている。そして、このSDNが牽引するかたちで、数年前から語られてきた“Software Defined”をITインフラ全般に適用するアプローチも現実味が増している状況だ。本特集では、Software Defined=ソフトウェア定義の大元のコンセプトをあらためて確認した後、SDNやNFV(Network Functions Virtualization)、SDS(Software Defined Storage)、SDDC(Software Defined Data Center)といった各分野での進展、ユーザー企業が着目すべき利用価値、現時点での課題について掘り下げてみたい。

(データセンター完全ガイド2015年秋号)

資料請求・見積依頼

下記リストの13事業者の資料・見積をまとめてとれます!

データセンター&ITインフラサービスの資料が、まとめてとれます!

資料
すべて
見積
すべて
データセンター&ITインフラサービス
オージス総研
(大阪ガスグループ)
北電情報システムサービス
富士通エフ・アイ・ピー
AGS さいたまiDC
エネルギア・コミュニケーションズ
キューデンインフォコム
三菱商事
エクイニクス・ジャパン
SCSK
シーイーシー
鈴与シンワート
データドック
ベッコアメ・インターネット

※会員としてログインされている場合でも、プロフィールの入力が必要です。予めご了承ください。

雑誌最新号

クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号

【特集】 IT基盤からビジネス価値創出基盤へ
「目的指向」クラウド/DCサービスの時代

表紙『クラウド&データセンター完全ガイド2017年夏号』

発売:2017年6月30日
定価:本体2,000円+税
判型:A4変型判(136ページ)
ISBN:978-4-295-00155-3

調査報告書

表紙『データセンター調査報告書2016』

データセンター調査報告書2016

加速するクラウドシフト~データセンター事業の戦略と今後を探る

発売:2016年9月29日
判型:A4判(436ページ)
プレスリリース
サンプル版

データセンター検索

文字列検索
1/4ラック月額
回線種類

回線月額